念願のサイパンの名所「グロット」でのダイビング体験

私はあちこち旅行に行くのが趣味で、たまたま沖縄で体験ダイビングをしたことがきっかけで、以来ダイビングにハマってしまい、すぐダイビングスクールに通いだして、関東周辺の海に練習がてらちょこちょこもぐりに行っていました。

ダイビングスクールでも、順調にライセンスカードをどんどん取得していって何度も潜るうちに、どうせやるなら日本もいいけど海外の綺麗な海の中で、もっと美しい景色が見たいと思うようになりました。

ある時ダイビング雑誌を見ていて、サイパンのダイビングポイントにグロットという場所があることを知りました。
岩に囲まれた険しい場所に、ぽっかり空いた穴からのぞくマリンブルーの海はすごく美しいとのことで、それを見て以来、そこに絶対に行って、その景色を見たいという気持ちになりました。

サイパン自体は近いし、それほど金額は高くないのですが、ダイビング三昧したかったので、それなりの額になってしまうため、それ以来無駄遣いせずこつこつお金を貯めて、近場でダイビングの練習もして、浮力もばっちりコントロールできるようになり、お金もそこそこ溜まってそこそこ自信もついてきた時に、ようやく友人と念願のグロットに潜りに行く決心をしました。

ドキドキしながら現地へ。
機材を背負ってバディと最終チェックをして、いざグロットへ。
グロットは、険しい岩に囲まれた洞窟のような形状の場所にあります。

まず、ダイビングポイントに行くには、すごく急な階段を重い機材を背負ったままで降りて行かなくてはなりません。
まだ潜ってもいないのに、息がはあはあ切れてしまいながらも、ようやく海面がある洞窟に到着。

興奮はマックスです。
潜水をしてインストラクターについていくと、そこはもう天国でした。
水中から見た水面は、一面ブルーに囲まれた鮮やかな光で、この世のものとは思えませんでした。

小さな派手な色の魚もたくさん居たりして、まるで海に抱っこされているような不思議な安心感が味わえました。
水面に浮上すると、水中からとはまた違って、水全体が光を放っているような神秘的な光景でした。

時間の概念がなくなったような自分自身も、海の一部になったような本当に素敵な体験でした。
頑張って働いてお金を貯めた苦労も、全て吹っ飛びました。

ダイビングを終えた後は、今来た道を戻るのにまたあの急な階段を上らないといけません。
それでなくとも潜水後で疲れたのに、いきなり陸上で重力がかかるので機材がものすごく重く感じて、巨大な石を背負っているような重さに感じられました。

体力には自信がありましたが、もう少し走ったりして持久力をつけるべきだったかなと思いました。
それと、水中カメラで何枚か写真を撮っていたので、後で確認してみたのですが、下手くそであの綺麗な青い光が思ったように撮影できていませんでした。
ダイビングの実技練習だけでなくて、写真の撮り方の技術をもう少し学ぶべきだったかと少し後悔しました。

でもあの幻想的で美しい光に満ちた海の様子は今も頭の中に鮮やかに残っています。

ところが、帰りの空港に着いた時、財布の中身がほとんどないことに気付きました。
現地ではカード精算をしてしまい、ほとんど限度額を使ってしまっていて、どうしようかと考え、キャッシングが空港で出来ることを思い出し、何とか借りることができました。
本当に助かりました。※空港キャッシング
無事に家に帰れてよかったです。

付き合いを選ばないと、大変なことに…

学生で一人暮らししていると、どうしても友人と遊びがちになってしまいます。

帰って自炊しようと自分では考えていても、友人に晩ご飯など誘われると断れなくて外食するので、食費がすごくかかっていました。
一番かかっていたときで、月に外食費だけで3万円はかかってしまったこともありました。

たいして仲良くもない友だちに誘われても、断ったら嫌われるかな?と思ったり、断らずについて行っていたら回数もどんどん増えていってしまうので、今考えるとちゃんと人を選んで飲み会に行くべきだったな、と思います。

遊びに行くとなると、都会の学校だったので、それなりの格好をしていないと恥ずかしかったので、服装や持ち物には適度なブランド品をいれ、見栄を張っていました。

毎月は無理でしたが、ブランドバックで新商品が出たときは、ショップに確認しに行って、バイト代も少ないのに8万くらいのかばんを買ってしまっていました。
今見てみると、必要ないな….と思うものが結構あります。

大雑把な性格なので、ブランド品も丁寧に使っていなかったので、質屋に持っていっても傷に文句を言われ、たいした額で引き取ってもらえませんでした。
これは後から知ったことですが、ブランド品を質屋で見てもらう時は、買った時の箱や紙袋などもきちんととっておいて、品物も形が崩れない様に保管して綺麗な状態を保っているとそれもプラスされるので高い金額が返ってくるんです。

彼氏が出来たりすると、それまで田舎で生活していた私は、都会の彼氏に合わせないといけないと焦ってしまい、美容院に行ったり、2週間に1回ほどエステに通ったりしていました。
1回の金額はそこまで高くなくても、塵も積もれば山となるは、まさしくでした。
こんなことならいっそ学生ローンでもしてみようか、とも考えたんですが、学生ローン審査があるということらしいし、これ以上お金を使ってしまうのもやっぱりまずいなと思いなおしました。

バイトで稼いだ給料以上に使ってしまう月もあったので、さすがに周りの友人からも注意されていました。
「頑張って、美容代にそんなにお金かけたところで、そんなに自分変わってないからー。」と友だちに言われたりもしていましたが、最もだと思います。

外見だけ磨いても、中身は全く変わってないですから。

でも、今となってはもっと貯金しておくべきだったな・・・・と思うこともありますが、学生時代に自分の欲しいものをある程度揃えていたので、結婚した今は本当に必要なものを買うだけで、いらないものを買おうという気はあまり起こらないので、よかったと思います。

子供関係の出費

結婚して子供が生まれると、子供関係の行事で何かとお金がかかる事が多くなりました。
我が家には今春卒園式を控えている6歳の娘がいるのですが、今まででも入園式や保護者会、運動会や発表会等様々な行事の中で、準備のための出費が結構かかりました。

最近では、卒園式に私が着て行くフォーマルスーツの購入に頭を悩ませていました。
勿論、卒園式では子供達が主役ですし、保護者の洋服を見せる為の場ではない事は重々承知していますが、
やはり3年間娘と共に過ごしてきた園生活のけじめとしても、場に相応しい洋服で式に出席したいと言う思いもあります。
娘の通う卒園式では、ダークカラーのフォーマルスーツが主な様ですが、残念ながら手持ちのスーツが見当たらず、
思い切って購入する事にしました。
大型ショッピングセンターを見に行くと、相場は安いもので大体1万円からでちょっと良いなと思うものは3万円前後と言った感じでした。
ダークカラーのフォーマルスーツは、これから先小学校での参観日や保護者会、卒業式等でも着る機会が多いと思ったので、
作りや素材が良い約3万円のスーツを購入する事にしました。

スーツだけでなく、半年ぶりに美容院に行きパーマをかけたり、ハンカチやスリッパ等の小物を揃えたりして準備もお金も大変です。
卒園式の準備だけでも5万円近くの出費になってしまいました。
しかし、スーツや美容院での出費は娘の小学校入学式にも繋がるので、今が一番お金がかかる時だと思い他を節約するなどして対応しています。
思い返せば、娘の保育料を払えない時(http://xn--n8jh6hz31lpktkpent1d.com/)もありました。お金のせいで娘に寂しい思いはさせたくなかったため生活費をギリギリまで削って頑張った時期もありました。

その他には来月、娘が小学校の入学式で着るフォーマルスーツも購入しなくてはいけません。
子供用のフォーマルスーツと言っても、思ったより高額なのでお金の捻出に少々困ってしまいます。

この時期は、特にお金のかかる時期なので普段よりも財布のひもを引き締めて節約し、なるべく家計に影響がないように努力していますが、
やはり、赤字が出そうな時はクレジットカードの支払いで分割払いにしたり、お祝いで頂いたお金を購入費に充てたりして凌いでいます。
これから娘が大きくなるにつれてどんどん出費も増えてしまうと思いますが、これからはなるべく貯蓄して対応できるようにしていきたいと思っています。

自分の一言で解雇対象

会社のボスとは家族ぐるみで付き合う中。
プライベート等も食事に行ったりと楽しんですごしていました。
プライベートで仲良くなるにつれて、会社の内部の事も分かってきたり、どれだけ経営難なのかも人件費削減に力を入れているか等、知ってしまうようになりました。
でもプライベートで会社の誰よりも仲良くしていたので自分には解雇など無縁の話だと信じ込んでいました。
そしてついついプライベートで話している時、自分がすぐにでも子供を作りたいので、その場合の育児休暇、手当について聞いてしまったのです。
どこの会社よりも人件費等にシビアになっている 会社でしたので、そういっためんどくさい事は避けたかったのでしょう。
直後から上司の態度が急に変わり、とてもあっけなく1ヶ月後に整理解雇の対象になってしまいました。
他の社員はまだ未婚で若い子達。理由さえ言わなかったのですが、あきらかに私が子供を作る事によって会社へのリスクになるので妊娠がわかる前に切りたかったのでしょう。
ついつい気を許してしまって出てしまった言葉で自分に難が降り掛かってくるなんて。
仲良いからと信じていたけど所詮会社の上司と部下。ついつい話してしまったのは人生最大の失敗です。
只でさえお金に余裕がないのに、職を失ってしまってかなりピンチな状況です。